【緊急警告】2020年までに南海トラフ地震 西日本の不吉予兆で学者警鐘

3pt   2018-11-07 18:05
ニュースのまとめ情報局

1: 名無しさん@涙目です。(宮崎県) [US] 2018/11/07(水) 07:17:53.65 ID:pZt+EyIv0● BE:512899213-PLT(27000) 緊急地震速報に驚いた人もいただろう――。2日、紀伊半島と四国の間の海域「紀伊水道」を震源として発生した震度4(M5.4)の地震。
被害がなかったからといって、「大したことはない」と考えるのは早計である。南海トラフ地震の“予兆”かもしれないからだ。

 立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)は、「2020年までに南海トラフ地震が発生する確率は極めて高い」として、
こう警鐘を鳴らす。
「近年、西日本を中心に大きな地震が多発しています。例えば、2016年4月の熊本地震や同年10月の鳥取中部地震、今年4月の島根西部地震や6月の大阪北部地震などです。これらは、南海トラフの予兆だと考えられます。前回の昭和南海地震(1946年)の前にも、3年続けて大きな地震が発生していたからです」
(中略)
 このように一部の企業が巨大地震に備えている一方、「政府や自治体のつくるハザードマップなどは気休めにしかならない」(高橋学氏)という。

 地震が起き、津波が来てからオロオロしていたのでは手遅れ。自分の住んでいる土地の地盤を確認したり、非常食などを用意したり、最低限の防災対策をした方がいい。

ソースは信頼性抜群の日刊ゲンダイ
c?ro=1&act=rss&output=no&id=8015972&name
   おもしろまとめアンテナトップページへ
2ちゃんねるまとめの話題が沢山。